×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コーヒーヘルシア脂肪燃焼の働き

食べ物に含まれる 「脂肪」 は、胃・十二指腸を通って、小腸に入ります。

 

そこで、「脂肪」は分解され、血管に入り、体内の各組織に送られます。

 

体内での脂肪燃焼に深く関わっているのが、肝臓や筋肉の細胞内にある燃焼器官 「ミトコンドリア」。
「脂質」は、ミトコンドリアにある酵素のはたらきで燃焼し、エネルギーに変換されます。

 

コーヒークロロゲン酸は、このミトコンドリアに働きかけ、脂肪の取り込みを促進します

 

その結果「脂質」は、効率よく燃焼し、エネルギーに変換されるため、体脂肪が低減していきます。